1.TIKVESワイナリーとは?

  TIKVESワイナリーの歴史は1885年に始まり130年前に遡ります。マケドニア最大かつ最古であり、バルカン諸国の中でも最も古いワイナリーの一つです。
最初に生産されたのは1912年で、現在ではマケドニア国ワイン輸出額に占める割合の約40%を占めています。

  TIKVESが醸造するワインは、ロバート・パーカー(Robert Parker)氏発行の”Wine Advocate”において『2010年度世界で最も優れたワインコンサルタント』に命名されたフィリッペ・キャンビエ(Phillipe Cambie)氏が手掛けており、世界的なワイン醸造の知識とブレンド技術によってバラエティに富んだワインを産出しています。

 2.ワイン生産の新しい時代 ~Macedonia's Finest~

  『革新こそ我々の力であり、世界市場は我々の挑戦である。世界中の消費者に我々のテロワールが本物である事を知って頂きたい。』 という強い思いから、TIKVESワイナリーは消費者のニーズに合った新しい風合いを作りだす実験を日々積み重ねています。
それぞれの革新は国産及び世界的なブドウ品種のコンビネーションから生まれています。 TIKVESワイナリーではワイン醸造においてもマケドニア古来からの伝統に固執することなく、世界中の経験を積極的に取り入れることで "Macedonia's Finest"を追及しています。

  また最新技術導入の為、およそ30百万ユーロを投資して生産工程を全て改善しました。 TIKVES醸造所はワイン一本当たりの二酸化炭素排出量がヨーロッパで2番目に少ない近代的で革新的な醸造所です。
  これにより瓶内酸素量を減らし、世界トップクラスの白ワインの生産が可能となりました。

  その他、リサイクルや節電、二酸化炭素削減に向けた"環境にも優しいテクノロジー"を駆使しています。

 3.Success & Awards

  近代化及び生産工程の改善は数々の成功を生み出しています。
今や50種以上のワインを生産しているTIKVESワイナリーでは、2013年だけでも45の賞を受賞。 その内、10のゴールドメダルはイギリス、フランス、ドイツの世界的に有名なコンクールにて受賞しました。 2014年では更に増え、約50近くを受賞するという栄誉に輝いております。

  また、ロバートパーカー氏の”Wine Advocate”に於いては2012年度には”Bela Voda 2010”(赤)は94ポイントでしたが、2014年度には更に評価が上がり”Bela Voda 2012”は95ポイントを獲得するまでに至りました。
その他、7種のワインがそれぞれ90ポイント以上を獲得し、TIKVESワイナリーは南東ヨーロッパにおいてパーカーポイント93点、94点、95点の高得点を獲得している唯一のワイナリーです。